2013年9月30日月曜日

『草原』25-08(通巻128)号より

お地蔵様の丸い肩に夕陽  啓司
 ちょうどお地蔵様の肩のところに、夕陽が落ちて行っていたのでしょう。お地蔵様の肩の丸さが、なんとも柔らかいです。

蛙鳴く鳴く妊婦の腹の張る  錆助
 「鳴く」は、ひとつでよいかとも思いました。あるいは、蛙の合唱となっていたのでしょうか。安産となりますよう。

観音様の前で蚊をうつ  錆助
 類句は多くあるでしょうが、観音様と同じような格好となった自身を詠んだ面白い句です。観音様が許してくださることを信じたいものです。

庭から台所へ蚊をつれて来た  福露
 勝手口から台所へ戻ると、ちょうど蚊も一緒に入ってきた。招かれざる客とは、まさしくこういう蚊のことをいうのでしょう。

遠くなった父の顔が鏡の中  滋人
 もはやお父様は、鬼籍に入られたものと想像します。しかしその面影は、しっかりと詠み手自身に引き継がれていたのでしょう。遺伝子のなせるわざですね。類句を最近にどこかで見た気がしますが、どうにも思い出せません。。

すべなし地に置けば子にむらがる蠅  あつゆき
 「特集 戦争俳句」より、松尾あつゆきの句を一句。これほど重い「すべなし」を、私は他に知りません。このときの景とあつゆきの心情を想像するたびに、涙を流さずにはいられません。自身の子を理不尽に殺されても、怒りを感じることすらできない状況が、あの場所には広がっていたのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿